セミナー報告レポート
TOP > セミナー・イベント情報 > セミナー報告レポート<2014/12/22 応援塾セミナー>

応援塾セミナー

応援塾セミナー:講師/クリス岡崎氏

応援塾セミナー アンソニーロビンズのプラチナパートナーとして有名なクリス岡崎さんから「1億円を何度も安定して作り出し時間的・経済的自由を手に入れる」方法についてお話し頂きました。

そもそも、大人はしたくない仕事をしてるようにみえるからといって未来に希望を見いだせす事ができずに自殺を選んだ子どもをみていて、誰かが本気で子供の自殺を止めなくちゃいけない、と思ったのが、色々と勉強を始めたきっかけです。

人の人生が変わる技術があるなら学びたいと思い、勉強を続けるうちに世界ナンバーワンのコーチであるアンソニーロビンスと出逢いました。

思わず引き受けてしまったアンソニーロビンズの通訳をしたことによって、その後の人生が一変しました。通訳などやったことがないのに、「やります」と手を挙げたのが始まりです。

やったことがないことには、「はい、やります」と言ってしまうと人生が変わります。

通訳を引き受けてしまったので、セミナー当日まで、とにかくアンソニーのセミナー内容のCDをひたすら聴きまくっていたので、考え方が頭の中に染み込んでしまって、思わずアンソニーと同じことを言っていることもあるのです。

応援塾セミナーアンソニーのセミナーに出る前までは、ディズニーランドに行けば5800円で一日中楽しめると思っていたので、セミナー代金を聞いた時には、値段の高さに驚いてしまいました。ところが、セミナーを受けているうちに、今日のセミナーは、新たな旅立ちの一歩目だと言われて、次のセミナーが100万円もしたのにもかかわらず、思わず安い!!と思って申し込んでしまいました。

アンソニーのセミナーはエンターテイメントでも学習でもなく、自分の世界が変わるところだと気付いたので、100万円が安く感じられるようになったのです。

セミナー中に、俺はできるんじゃないかという根拠のない自信を持つことができ、自分自身への考え方が変わりました。

日本のコーチングはセラピーに近く、マイナスの感情を取り除くようにしますが、アンソニーのコーチングは、その人が本当にやりたいことを見つけ、行動にうつせるように導いてくれるのです。

人は知識や思考では行動しません。思考と行動は相反することが多いものです。

頭ではやった方がいい仕事と感情がワクワクすること、どちらを優先しますか。
行動はすべて感情によっておこされるのです。

2%の思考と98%の感情から行動をうつすのです。

現実化するのは感情ですが、感情はコントロールできないから思考を変化させていこう、というのが日本の考え方です。一方、アンソニーは、やりたくてやりたくて仕方がない、ワクワクとドキドキがとまらない気持ちへと感情をコントロールするのです。

応援塾セミナーやりたい気持ちをアップさせて、自信をつけさせる。悪くいえば、不安に対して鈍感になります。

感情をコントロールできるようになれば、行動も変えていくことができます。
行動するためにノウハウばかり学ぶよりも、まずは感情が大切です。

10万円の仕事も、1000万円の仕事もやることはほとんど変わりません。
1000万円の仕事が、自分にとって普通だと思えば、今お金を持っている持っていないにかかわらず、何かあった時には、その責任をとるという覚悟で引き受けることができます。

日本の億万長者の特徴としては、賢いけれど、自信や勇気などの感情が足りません。

感情をコントロールすることができて、自分には億万長者がふさわしいという気持ちになれれば、次第に現実化していきます。

まずは、自分の内面に1億円が持てるようになります。 内面に1億円ができると、外側に事象として現れてきます。心の中のものに合わせるよう、現実が動くので、1億円持ってる人のように考えて行動していると、その通りになります。 逆に、現実に1億円があっても、自分はそれだけの金額を持つのにふさわしくない、と思っていたら、次第にそのお金は、どこかにいってしまいます。

どんなことにプライドを持っているか、どういうことにこだわるかです。

社員が仕事に誇りと情熱を持って仕事ができるようにするといいです。情熱、誇り、感動 は心に影響します。

すごく腹が立った時には、その莫大なエネルギーを人に向けるのではなく、他の作業に出力させてみましょう。そもそも、怒りというのは、自分が〇〇は××であるべきである、と決めているルールを相手が破ることによって生まれてきます。自分が正しいと思い込んで相手を裁くようになるのです。自分がルールを破ると罪悪感につながります。

しかし、ルールには例外があります。すべてのルールは相手も知っているという前提の上で成り立っています。ですから、もしも相手が全く知らない状態であれば、許せることもあるのです。

好き嫌いは自由に変えられるので、自分の好き嫌い=感情を自由にデザインできたら、未来も変わっていきます。 もしも、苦手なことが好きになったり、ワクワクしてやりたくなったら、どうでしょう。好きなことには、いくらでも時間をかけられますし、時を忘れ、我を忘れて、できあがった時に誇りに思えるようなことは簡単にはやめません。

知識(ノウハウ)については、充分学んでいると思いますので、知識をワクワクしたものに変えるために、感情のコントロールの仕方を学ぶといいですね。

クリスさんの軽妙な話に、会場は笑いと熱気の渦に包まれました。
懇親会でも、クリスさんの周りには人が集まり、セミナーでは聴けなかった話に花が咲いていました。

レポート 石曽根世陽子

≫セミナー・イベント情報に戻る